■時計

■当ブログについて

猫の病気や飼い方、発情期の対応など、猫と一緒に暮らす上でのアドバイスを、動物病院やペットショップなどで働いた経験を生かし、皆様に色々な知識・情報をご提供していきます。
本ブログの内容は、Pets!メルマガ内にて先行公開しています。⇒購読をご希望の方は会員登録へ。

ペットの為のペットサイト Pets!(ペッツ)
ペット服・ペット用品 Pets!Shop
Pets!Shop レディース&メンズ アウトレットストア
Pets!スタッフブログ
犬用ブログはこちら
Pets!チャンネル ~youtube~
Pets!スタッフtwitter

■オススメ
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■全記事表示リンク
■Link
■Yahoo!ブックマーク

Yahoo!ブックマークに登録

■登録サイト様
■コメント
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
意外と知らなかった!猫の歯のヒミツ(後編) 意外と知らなかった!猫の歯のヒミツ(後編) はてなブックマーク - 意外と知らなかった!猫の歯のヒミツ(後編) このエントリーを含むはてなブックマーク
猫の乳歯が抜けた時は、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?
歯に関わる病気といっしょにご紹介します☆





----------------------------------------------------------------

■乳歯が抜ける時は・・
生え変わりの時期は口臭がしたり出血をしたりなど、歯ぐきに炎症が起こりやすくなります。
特に生後3ヶ月~6ヶ月の間は口の中をこまめに観察するようにしましょう!

歯ぐきの腫れや出血がひどい場合は、「猫白血病ウイルス」や「猫エイズウイルス」などの感染症にかかっている可能性もありますので、速やかに獣医師に相談してください。
また、生え変わりがスムーズにいかず、乳歯が抜けないまま永久歯が生えてくる「乳歯遺残」もまれにあります。

犬や人と同様、乳歯がいつまでも残っていると永久歯の成長に悪影響を及ぼすだけでなく、歯周病や不正咬合などの様々な歯の病気にかかりやすくなってしまいます。
この時も、必ず獣医師に診て貰うようにしましょう。



スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

猫のお手入れ | 13:53:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。