■時計

■当ブログについて

猫の病気や飼い方、発情期の対応など、猫と一緒に暮らす上でのアドバイスを、動物病院やペットショップなどで働いた経験を生かし、皆様に色々な知識・情報をご提供していきます。
本ブログの内容は、Pets!メルマガ内にて先行公開しています。⇒購読をご希望の方は会員登録へ。

ペットの為のペットサイト Pets!(ペッツ)
ペット服・ペット用品 Pets!Shop
Pets!Shop レディース&メンズ アウトレットストア
Pets!スタッフブログ
犬用ブログはこちら
Pets!チャンネル ~youtube~
Pets!スタッフtwitter

■オススメ
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■全記事表示リンク
■Link
■Yahoo!ブックマーク

Yahoo!ブックマークに登録

■登録サイト様
■コメント
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【猫の毛球症】キレイ好きな猫達・・・毛球症を予防しよう! 【猫の毛球症】キレイ好きな猫達・・・毛球症を予防しよう! はてなブックマーク - 【猫の毛球症】キレイ好きな猫達・・・毛球症を予防しよう! このエントリーを含むはてなブックマーク
キレイ好きな猫達・・・毛球症を予防しよう!グルーミングの落とし穴?! 

飼っている方はご存知のとおり、猫達はグルーミングが大好きな動物です!
体の隅々をペロペロと舐めてお手入れをしている姿は、見ていてとても癒されますよね♪

しかし、毛づくろいの際に飲み込んだ毛は、どうなるのでしょうか?

今日は、そんなキレイ好きな猫達のために、『毛球症』や『毛玉への対策』についてお話したいと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
猫の飼い方・しつけ目次
毛玉(ヘアボール)とは?
毛玉を放っておくと?!
予防するためには?


■毛玉(ヘアボール)とは?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
猫は毛づくろいをするという習性があり、ざらざらした舌で舐めて体をキレイにしています。
しかし、この時に舌に引っかかった抜け毛は飲み込んでしまっています。

通常は吐き出されるか便と一緒に出してしまいますが、上手に吐き出せなかったりすると、 飲み込んだ毛が胃の中でもつれたり固まったりして、ボールやフェルト状になってしまいます。

このかたまりが毛玉(ヘアボール)です。

【毛玉になりやすい猫の条件】
毛づくろいをしすぎる猫。
毛の長い猫(ペルシャ、チンチラといった長毛種)。
・春、秋の換毛期の方がより多量に毛が抜ける)。
高齢の猫(換毛期が若い時よりも長引き、抜け続ける)。
・皮膚、被毛の健康状態がよくない
ストレスが多い猫。
授乳期の母猫が子猫をよくなめる。
・飼い主がブラッシングを怠っている。

■毛玉を放っておくと?!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
猫は、溜まった毛玉を吐くことによって、体の外に出そうとします。
1回で吐き出す猫もいれば、何回も何回も吐こうとして頑張って2~3日後にやっと吐き出す猫もいます。

また、必ず毛玉を吐くわけではなく、便に排出して吐かない猫も多くいます。

いずれにしても、飲み込んだ毛を体外に排出でき、元気にしていれば特に気にする必要はないでしょう。

しかし・・・
毛玉を吐けないでいるとどんどん大きくなってしまい、吐き出すことも腸へ行くこともできなくて、胃の中に詰まり、 様々な症状を引き起こしてしまいます。

これが『毛球症』です。

≪毛球症の症状≫
食欲不振
下痢便秘
吐き気(吐き出そうとするが何も出ずに苦しそう)
○お腹を触られるのを嫌がる
排泄をあまりしない(便が出なくなると危険)
○重症の場合、脱水症状を起こし、衰弱してぬこともある

■予防するためには?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1)なるべく毛を飲み込ませない。
⇒ムダ毛・抜け毛はこまめに取り除いてあげましょう。
定期的にシャンプーを行い、すでに出来てしまった毛玉はほぐし、不必要な毛を取り除いてあげて下さい。

2)こまめにブラッシングを行う。
⇒特に長毛種高齢の猫または換毛期(特に春から夏)は、抜け毛が少なくなるよう心がけましょう。 (長毛猫は3~4ヶ月ごとに、根元から5mm~10mm程に短く刈っても良いでしょう。)

3)ストレスを与えない・軽減させる。
⇒ストレスが原因で、気分を落ち着かせるために毛づくろいをしている場合があります。
おもちゃなどで遊んだり、室内で追いかけっこをしたりして、心身をリフレッシュさせてあげましょう。

4)体内に溜まった毛玉を出す。
⇒まず猫草などを利用し、飲み込んだ毛玉を吐き出させるという方法があります。
しかし、吐くという行為自体、ミネラルバランスが崩れ、 あまり体に良いこととは言えませんのでオススメはしません。

最近は、便と共に体内に溜まった毛玉を排出する効果がある 『潤滑油の成分を含んだ餌』や『毛玉除去剤』などが市販されていますので、定期的に利用してみましょう。

----------------------------------------------------------

いかがでしたか?

抜け毛とひとことで言っても、実は侮れない怖いものなんですね!

常日頃のケア1つで、愛猫の生活の質は全然違うものとなってきます。

大切なお家の猫ちゃんの健康のためにも、まずは、こまめなブラッシングシャンプーから始めてみて下さいね☆

スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

猫の病気 | 14:21:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。