■時計

■当ブログについて

猫の病気や飼い方、発情期の対応など、猫と一緒に暮らす上でのアドバイスを、動物病院やペットショップなどで働いた経験を生かし、皆様に色々な知識・情報をご提供していきます。
本ブログの内容は、Pets!メルマガ内にて先行公開しています。⇒購読をご希望の方は会員登録へ。

ペットの為のペットサイト Pets!(ペッツ)
ペット服・ペット用品 Pets!Shop
Pets!Shop レディース&メンズ アウトレットストア
Pets!スタッフブログ
犬用ブログはこちら
Pets!チャンネル ~youtube~
Pets!スタッフtwitter

■オススメ
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■全記事表示リンク
■Link
■Yahoo!ブックマーク

Yahoo!ブックマークに登録

■登録サイト様
■コメント
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
猫カリシウイルス感染症 猫カリシウイルス感染症 はてなブックマーク - 猫カリシウイルス感染症 このエントリーを含むはてなブックマーク
FCIとも呼ばれます。
名前のまま、カリシウィルスが原因となる風邪の一つです。
猫ウイルス性鼻気管炎と混合感染することが多く、冬場は特に多く見られます。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目次
感染ルート
症状
治療・予防
ワクチンを打った後の注意点

■感染ルート
感染している猫との接触で感染します。
飼い主が感染している猫を触った後に他の猫を触ることで感染することもあります。 一度掛かると抗体が出来るのでまた感染することはありませんが、治りきっていない場合はまた再発する可能性があります。
また、感染している猫が使用した食器やトイレからも感染するので、常に清潔に保ちましょう。強いウィルスなので多頭飼いなどは感染した猫を隔離し、二次感染を防ぎましょう。
子猫や老猫・体力が衰えている場合は、肺炎を起して亡くなる可能性があるので、注意が必要です。

■症状
くしゃみ鼻水目やに発熱などを起します。
ひどくなると口内炎ができ痛みから食欲がなくなることや、よだれを垂らすことがあります。こじらせてしまうと肺炎になりやすいので注意が必要です。

■治療・予防
抗生物質による治療が一般的です。
肺炎になると治療が難しくなるので変化に気づいたら早めに治療しましょう。 予防はワクチン接種が有効です。特に子猫や老猫は掛かると死に至ることがあるので必ず行いましょう。多頭飼いも感染すると蔓延してしまうので十分に予防を心がけましょう。

ワクチンを打った後の注意点
稀にワクチンに対してアレルギー反応を起すことがあります。
もしもの場合に備える為に、

1.過度の運動は控え安静にさせておきましょう。
2.ワクチン接種後すぐに猫だけでの留守番は控えましょう。
  (もしもの時に対処できる方がしばらく様子を気にしてあげてください)
3.お風呂は接種後1週間は控えましょう。


スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

猫の病気 | 15:21:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。