■時計

■当ブログについて

猫の病気や飼い方、発情期の対応など、猫と一緒に暮らす上でのアドバイスを、動物病院やペットショップなどで働いた経験を生かし、皆様に色々な知識・情報をご提供していきます。
本ブログの内容は、Pets!メルマガ内にて先行公開しています。⇒購読をご希望の方は会員登録へ。

ペットの為のペットサイト Pets!(ペッツ)
ペット服・ペット用品 Pets!Shop
Pets!Shop レディース&メンズ アウトレットストア
Pets!スタッフブログ
犬用ブログはこちら
Pets!チャンネル ~youtube~
Pets!スタッフtwitter

■オススメ
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■全記事表示リンク
■Link
■Yahoo!ブックマーク

Yahoo!ブックマークに登録

■登録サイト様
■コメント
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト このエントリーを含むはてなブックマーク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
猫とおでかけ♪電車に乗る時は? 猫とおでかけ♪電車に乗る時は? はてなブックマーク - 猫とおでかけ♪電車に乗る時は? このエントリーを含むはてなブックマーク
猫と電車に乗るには、どうすれば良いのでしょうか?
病院へ連れて行く時や一緒に遠出をする時など、特にお休みのシーズンは、利用される機会も多いと思います。
知っていてそうで、知らなかった電車でのルール。
改めて確認をしてみましょう。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目次
ペットも切符が必要?
どうやって連れて行くの?
飼い主さんに考えて欲しいこと


■ペットも切符が必要?
ペットの分の切符も必要になります。
JRでは「手回り品」として270円の料金がかかりますので、改札の窓口できちんと駅員さんに

「ペットをつれて乗ります」 

ということを伝えましょう。
ちなみに料金は、新幹線・特急列車・普通列車問わず一律です。また鉄道会社によって異なり、私鉄では無料の場合もあります。使う路線に確認を取ることも大切ですね。

■どうやって連れて行くの?
ペットを抱っこして乗車・・という事は出来ません。
こればかりはどの会社にも共通することで、必ずキャリーバッグやケース・カートに入れている事が条件となります。ただし、盲導犬・介助犬・聴導犬は例外になります。
またキャリーの重さも含めて『10キロ以内』であれば、(一部の猛獣を除いて)どの生き物でも乗車することが出来ます。もちろん駅構内や車内で、ペットをキャリーから出すような事は絶対にしないで下さい。

■飼い主さんに考えて欲しいこと
電車には沢山の人が乗っています。
動物が嫌い、アレルギーを持っている人、小さな子供。キャリーの中のペットも心配ですが、周りの人のことも同じだけ考えることが、飼い主さんの責任です。
ラッシュ時間は出来るだけ避けて、目的地までの乗車時間をしっかりと把握したうえで、食事やトイレは済ませておくことです。
また、誤ってペットがキャリーから飛び出してしまう事のないように、顔が出ないよう完全に覆えるタイプのものを使用しましょう。
犬、猫の場合は必ずリードを付けておく必要もあります。そしてキャリーは座席や棚の上に置かず、自分の手元に置いてください。
一人一人がマナーを守り、楽しいお出かけになるよう心がけましょう。


ペットを飼っている人でも、実際に利用してみないと知らなかったりしますよね。(とっくにご存知でしたらスミマセン;)
しかし270円というのは少し高い気がしませんか・・?(私だけでしょうか)

スポンサーサイト

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

猫との外出 | 15:43:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。